フィナンシャルプランナー、その実態は?

最近よく聞くようになった言葉の一つに「ファイナンシャルプランナー」という言葉があります。

 

この言葉は聞くけれども、いったいどんな仕事なの?それとも資格なの?それがよくわからないという人もいることと思います。

 

そのため、今回はこの「ファイナンシャルプランナー」の実態について書いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、それではファイナンシャルプランナーとは何なのでしょうか?

 

これは日本のファイナンシャルプランナーをまとめている「日本FP協会」によると、「あなたの夢を金融面からかなえるパートナー」と言えそうです。

 

もう少し具体的に言うと、人にはそれぞれ目標があったりします。

 

例えば住宅を買いたい、結婚をいつまでにしたい、アーリーリタイアをしたといった目標があると思います。

 

その目標をかなえるのがこのファイナンシャルプランナーなのです。

 

とりわけ、ファイナンシャルプランナーは総合的な資産設計を行う専門家になっています。

 

そのため、「あなたの収入や経済状況によって、どのように資産形成をしていけばいいのか」といったことを具体的に相談してくれるのが、このファイナンシャルプランナーになるのです。

 

そして、この専門性を証明するのが国会資格の「ファイナンシャルプランナー技能士」試験になります。

 

これは金融に携わる人なら多くの人が資格取得をしており、そして相談相手の資産形成に協力しているのです。

 

したがって、「ファイナンシャルプランナー」というのは「あなたの資産形成を手助けするパートナー」と言えます。

 

そして、それを証明するのが「ファイナンシャルプランナー技能士」試験なのです。